アリス・イン・トリプティックワールド のバックアップ差分(No.2)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#contents
* 基本データ [#s428a8e6]
:名前|アリス・イン・トリプティックワールド 通称アリスラビット(他の人格時もそう呼ばれることが多い)
:身長|146
:おっぱい|ふつう
:種族|魔導書の断片
:肩書|魔導書「Alice in Triptych World」の記述「魔法兎アリスの項目」
:住居|迷いの竹林
:髪型・髪色|銀髪のストレート 長さは腰まで
:目|普通 瞳の色は右が銀色、左が金色
:外見|基本的にはうさみみは隠している。驚くと出てくる。優曇華と同じクシャ耳
:服装|白を基調とした青色を絡めたエプロンドレス。複数の空想の獣が描かれた懐中時計を持っている
:武器|ヴォーパルの剣……「切れ味のよい刃」という意味の持つ剣。その名に恥じぬが如く、切れぬ物など殆どない
魔導書「Alice in Triptych World(三面世界のアリス)」……とある魔法使いが暇潰しに作った魔導書。「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」、そして魔法使いが考えたもう一つの舞台をごちゃまぜにして、勝手な記述を足しまくった物。
:性格|主となる三つの人格「アリスラビット、チェシャ猫、ジャヴジャヴ」があり、人格によってそれぞれ性格が異なる。
アリスラビット:主に表に出ているリーダー的な人格。冷静でよく考えてから行動する。可能な限り、戦闘や揉め事は避けようと考えている。
チェシャ猫:何事にも興味を持ち、気になったらとりあえず調べるといった行動派。後先考えずに行動する節があり、でも、失敗しても後悔せず同じような失敗を繰り返すような問題児のような感性を持つ。
ジャヴジャヴ:常に発情状態の問題児。女の子を見れば手当たり次第に口説く。妖怪相手の成功率は低いが、里の女の子相手の成功率は非常に高い。機嫌がいい時は男も口説く。
:能力|書物の登場人物の能力を扱う程度の能力 書物に出てくる者たちの能力をそっくりそのまま扱える能力。その能力は非常に強力で、英雄譚や神話などの書物を読み解けば、英雄や神々の能力が扱えるわけである。ただし、漫画や自伝のようなものは対象にすることはできない。
(チェシャ猫の人格時のみ)気配と姿を隠す程度の能力 文字通り気配と姿を隠す能力。故に、逃げる際は大抵チェシャ猫の人格である。
:投稿者|REDMOON

* その他補足 [#h9930f0a]

スペルカード
「記述 時計兎」 行動の過程の時間を飛ばすことのできるスペル。このスペルを使えば、詠唱の長い魔術も即座に発現することができる。非常に優秀なスペルだが、それ故に回避不可能な弾幕も簡単に生成出来てしまうため、弾幕ごっこでは使用しない。
「記述 スナーク狩り」 存在を消すことのできるインチキスペル。しかし、複数の観測点から弾幕を認識・処理しなければならないため、使用すると物凄く体力が減る。下手すると弾幕を被弾するよりも疲れる場合もある。
「記述 ハンプティ・ダンプティ」 知覚内にあるものを爆発物に変化させ、爆発させるスペル。ただし、爆発したものは5分後に爆発する前に姿に戻る。種に割れてない相手には、自身が爆弾となり爆発させ、死んだと思わせるといった方法で用いることもある。
「記述 ジャヴァー・ウォック」 全長250m、体重2000t、ヴォーパルの剣以外では傷つくことの無いの無い外皮を持つ漆黒の魔龍を呼び出す。ただし、維持に膨大な魔力を必要とするため、万全の状態でも維持は10分が限界である。
~
戦闘スタイル 中近距離メインでつかず離れずを維持したまま射撃戦を主とする。
~
既存キャラとの関係 長い間迷いの竹林にいた間に、てゐやうどんげとは仲良くなった。輝夜や妹紅は住居を破壊した件もあり余り快く思っていない。紅魔館には本を読みに行ったりするので、小悪魔やパチュリーともよく話す。
~
過去や出自 元々は魔導書の記述だったが、魔力を以て自身の肉体を作り上げた。魔法使いの目を盗み、魔導書を手に逃げ出したが、迷いの竹林で迷ってしまった。ちなみに魔法使いは逃げたことに気づいてはいたが、追うのが面倒だったので放置していた。彼女はしばらくの間悩んだが、「出ることができないんだったらここに住むことにしよう」と迷いの竹林に住居を作った。
しかし、迷ってるのだから当然外に出て、帰ろうとしても元の位置には帰れないし、そのまま引きこもっていたら謎の弾幕ごっこの余波で家ごと吹き飛ばされたりしたので、今では簡易住居を魔法で圧縮し、持ち運んでいる。
最近ようやく安定して迷いの竹林から外に出られるようになった。
~
その他細かい設定など メインの三つの人格以外にも、「Alice in Triptych World」に登場するキャラほとんどの擬似人格を持つ超多重人格者である。ただし、メインの三つの人格以外は全くと言っていいほど出て来ることはない。
~
セリフ
「ハンプティ・ダンプティ転がり落ちて……砕けろっ!! 記述「ハンプティ・ダンプティ」!」

* データ [#td042585]
:SS|[[アリス・イン・トリプティックワールドSS]]

&ref(./第14回僕の考えた永遠亭周辺の竹林に住んでる妖怪byREDMOON.jpg,20%);
(縮小20%)
* コメント欄 [#v3a58e11]
#comment()