奇異婆 のバックアップの現在との差分(No.1)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#freeze
#contents
* 基本データ [#b41bf5d3]
■[[僕○第10回]]
:名前|奇異婆(きいおばば)
:身長|135cm
:おっぱい|ヒ・ミ・ツ★
:種族|人間(?)
:肩書|となりのおばば
:住居|魔法の森の奥深く一見なんの変哲もない古い屋敷
:髪型・髪色|ショート。白髪
:目|タレ目(皺の重みで)
:服装|魔法使いだと一目でわかる怪しさ満点のローブ
:性格|見掛けの恐ろしさに反した喜作で面白いお婆さん。
誰に対しても凄く面倒見がいいが、同じ魔法の森で暮らす魔理沙に対しては孫の如く可愛がっており、魔理沙からは「ばっちゃ」と呼ばれ 自分も「マリちゃん」と呼んでる。
:能力|無機物を操る程度の能力
あらゆる無機物を操る力で、命や意思を持たない物ならなんでも
自由に操れる。
:投稿者|無一文

* 能力補足 [#lfc19f7a]
過去に住んでいた人間の街で、飛行船から落ちそうになった少年を助けるべく町の掃除をしていたおじさんからデッキブラシを強奪して、空を飛んで少年を助けた事がある。
(その街では伝説として語り継がれていて、それを元にした小説が出版されたりアニメーション映画になったりと世界的な大人気となったそうだ。)

* データ [#p993186b]

&ref(./第10回僕の考えた魔法の森の魔法使い係by無一文.jpg);
* コメント欄 [#fc5e45df]
#comment()