Top > 岩倉千砂

岩倉千砂

Last-modified: 2010-06-06 (日) 07:25:36 (2579d)

基本データ

僕○第96回

名前
岩倉千砂(いわくら ちさ)
身長
155cm
おっぱい
82
種族
人間
肩書
高校生
住居
マンションの402号室
ロングのストレート。染めたりはしていない。
眼鏡でいつも下を向いている。
服装
私服はあまりぱっとしない。制服で出かけることの方が多い。服にお金をかけるなんてもったいないと思っている。
性格
内向的で周囲に溶け込めない。学校ではほとんど会話をせず、ずっと本を読んでいるような娘。友人と言える人は早苗くらいだった。
自分のことは「私」。早苗のことは「早苗ちゃん」。
能力
妖精が見える程度の能力
投稿者
neneco

その他補足

いわゆる霊感が強いが、幽霊よりも妖怪や精霊に強く働く能力で、千砂はひっくるめて「妖精が見える」と言っている。
その能力が元で、中学の頃はいじめられていた。
高校に入ってからは、直接的ないじめはないが、周囲は気味悪がって誰も近寄らない。
学校の教師は、問題になるのを嫌って、直接的ないじめではないからと放置。
両親は、千砂の能力を妄言と思っており、性格や学校での態度も含めて、お互いに相手のせいだと罵り合っている。
人ではない存在に理解がある早苗だけが、普通に接してくれるただ一人の友人だった。

早苗が幻想郷に行ったあと
早苗がいた痕跡すら消えていく事に気づいた千砂は、その行方を追うがわからない。1年が過ぎた頃には、誰も早苗を覚えていなかった。疲れと諦めを感じていた千砂は、目の前を横切った妖精に惹かれて、遮断機が下りた踏切に入り込んでしまう。突っ込む電車。通過した跡に死体はなかった。

データ

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White