Top > 八ヶ岳 柱

八ヶ岳 柱

Last-modified: 2010-06-06 (日) 07:32:14 (2630d)

基本データ

僕○第96回

名前
八ヶ岳 柱 (やつがたけ はしら)
身長
164cm
おっぱい
そこそこある
種族
人間、バイト巫女
肩書
守矢の鉄腕アルバイター
住居
ごく普通の市営集合住宅
腰まで伸びた灰色。バイト時はうなじ辺りで纏めてリボンで止めている。
黒の普通目
服装
普段はTシャツにジーンズ。バイト時は早苗の巫女服の色違い。白を黒、青を紅に。
性格
陽気で快活。趣味はバイトと公言しているほどバイト好き。
能力
勤労する程度の能力……大概の仕事をこなせる。鉄腕アルバイターとしての力。
投稿者
天神楽

その他補足

既存キャラとの関係、
早苗……隣のクラスの優等生。柱曰く真面目だが変人。
神奈子……バイト先に奉られている神様。数回しか言葉を交わした事がない。


過去というか前日譚
彼守矢神社でバイトを始めて早くも1年。巫女の雑務にも十分慣れたとある日、突然早苗から相談を持ちかけられた。曰く……、
「守矢神社ごと幻想郷へ旅立つか……」
「もうしわけありません。このような突拍子のない相談をしてしまって」
そう申し訳なさそうに呟く早苗に対して気にするなと手を振る。
「まぁ、しょうがないんじゃない?八坂様のお考えなのでしょ?」
そう言いながら4ヶ月前に初めて出逢った愉快な「神様」の姿を思い浮かべる。
「それで早苗も一緒に行くわけか」
「はい、八坂様達が往かれるのに私だけが残るわけにはいきませんから」
八坂様達?と疑問に思うが早苗はそのまま続ける。
「一応建物自体はこちら側にも残ります。ですが今の日本では私一人行方不明になるだけでも大騒ぎになるはずです」
「成程、騒ぎになると色々困るわね」
うーんと互いに頭を悩ませる。何とかして早苗が居なくなっても問題無い状況を創り出さなければならない……。そう例えば人一人がいなくなり、尚且つ行方不明として捜されない状況と言えば……。
「……航空機事故に巻き込まれた事にする……とか……」
「それは他人を巻き込みすぎです!!」
ですよねー。まぁ真面目に採用されても困るけど。
「ですが死んだ事にするですか……。確かにそれならば誰かに捜され続けられる事もありませんし……。そうですね、その線で行きましょう」
と何時の間にやら方針が決まってらっしゃる。まぁ問題が解決したなら別にいいんだけれど。
「ありがとうございます。これでこちらでの問題は全て解決できます」
「ま、気にしなさんな。幻想郷って生活レベルはかなり低いんでしょ?無理して身体を壊さないようにね」
そう言って立ち上がり身体を伸ばす。
「私はここでバイトを続けさせて貰えるからいいけどやっぱり早苗がいなくなるのは寂しいな」
「……そうですね」
そう言って早苗が俯く。そうか、早苗だって今までの環境を捨てて新しい生活をしなければならないんだ。寂しくないわけがない。そう思った瞬間、自然と言葉がこぼれ出す。
「……でも、ね」
「?」
「またいつか、早苗の所でバイトさせてもらうつもりなんだから覚悟しときなさい!」
「……はい!その時は沢山しごきますから覚悟してくださいね」
そう言ってお互いに笑いながら早苗と別れた。
そう、それが早苗と交わした最後の会話だった。




その他細かい設定
早苗のいない外の守矢神社で毎日激務をこなす鉄腕アルバイタ―。元々は実入りが少なくても何となく面白そうなバイトを捜していたところ真面目だが変人の早苗に目を付け、守矢神社で働かせて貰うようになった経緯がある。
様々な雑務をそつなくこなし、また神奈子の存在を知る貴重かつ優秀な人材であるが、あくまでもバイト巫女である為神事などは行えない。
今まで数多くのバイトをこなしてきた鉄人。その過程で数多くの免許を取得してきた免許マスターでもある。今後の予定はさっさと自動車運転免許を確保すること。
早苗が幻想郷に行くために色々工作をして早苗が故人扱いになる様に仕向けた張本人。突然廃住宅から出火し、早苗が中に取り残された猫を助ける為に入って犠牲になった。さらに中に何故か保管されていたガソリンのせいで火の勢いが激しく、遺体は原形も留めないほど損壊した。という訳のわからない状況を創り上げ、尚且つそれを周囲の者が認める状況を創り上げる辺りかなりのキレ者ではあるはず。
ちなみにバイト以外の事には殆ど興味がない。扶養控除を無視するほど稼ぐ癖にその殆どが貯金として塩漬けになっている。

データ

第96回僕の考えた早苗さんの外の世界での同級生by天神楽.jpg

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White