Top > 田中 花子

田中 花子

Last-modified: 2010-06-06 (日) 07:39:24 (2696d)

基本データ

僕○第96回

名前
本名:田中 花子(たなか はなこ)
魂の名:エリザベス=クロウリー
身長
158.5cm
おっぱい
82C(着痩せするタイプ)
種族
人間
肩書
『真の魔術を求めし者』
住居
N県S市
瞳は黒。見ていると吸い込まれそうな不思議な瞳。
髪型・髪色
灰色がかった茶色。ストレートロング。
服装
制服を着ている事が多いが、どんな場合でも黒いマントを着用している。
性格
オカルトや黒魔術に傾倒しており、かなり一般常識とはかけ離れた言動をとる。
魔法や魔術、その他不思議なものの存在を本気で信じており、その知識量はかなりのもの。
自分の本名が大嫌いで(地味で平凡すぎるから)、いつも自分の事は『エリザベス=クロウリー』と名乗っている。本名で呼ぶと本気で怒る。
口調は丁寧で品がある。
能力
なし。だが、本人は魔術が使えると思っている。
投稿者
涼名

その他補足

守矢神社が幻想郷に移転する一年ほど前に早苗のクラスに転入して来た謎の不思議系少女。
謎の魔導書『ハクレイノミコン』を所持し、そこに書かれていた異世界「幻想郷」の手がかりを探していた彼女は、神と称される早苗の存在を聞きつけ、自らの目で調べるために転校してきたのだ。
早苗の事を最初はただの研究対象としか思っていなかった彼女だが、自分の突飛な言動にも動じず優しく接してくれる早苗にしだいに心開いていく。
そして早苗は、いままで友達が出来なかった花子の初めての友達となる。
その後、研究観察と称して早苗をストーキングするようになるのだが、早苗は気が付いていない。
ちなみに、転校初日にオカルト研究会を乗っ取って自分のものにしているが、それは話の本筋とはあまり関係ない。

幻想郷に来るエピソード
「近頃、早苗の様子がおかしい……」
そんな事を気に掛けながらも、日課の早苗さんストーキングを今日も行っていた花子は、たまたま守矢神社に居た為に移転に巻き込まれてしまう。
花子は、期せずして自分の望むべき世界の住人となった。

『ハクレイノミコン』について
この『ハクレイノミコン』は、過去に花子が古書店の奥から見つけ出した物であるが。実は花子が勝手に思い込んでいるだけで魔導書でも何でも無く、ただ、幻想郷歴代の博麗の巫女について書かれた観察日記のようなものである。ほとんどのページは現代日本人では読めないような言語で書かれている為、かろうじて読める部分を呼んで幻想郷の知識を得ていた。
何故このような本が外の世界に流出したかについては謎であるが、奥付にはこう記されている。――著作:八雲紫 と。

セリフ集
「はじめまして。私は『エリザベス=クロウリー』よ。よろしくお願いするわ。……田中? ああ、それはこの世界で生きるための仮の名よ。気にしなくていいわ。たとえば、デ〇・ノートに田中花子と書かれても私は死なないから」
「……だからその名で呼ぶなと――。次に言いましたら……呪い殺しますわよ」
「さあ、東風谷早苗! その神たる不思議な力を私に見せなさい!」
「ほ、本当に早苗さんは変な方ですわね。……わ、私の事を……その…と、友達だなんて」

データ

第96回僕の考えた早苗さんの外の世界での同級生by涼名.jpg

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White