Top > くろ&橙

くろ&橙

Last-modified: 2010-05-01 (土) 23:04:08 (3515d)

基本データ

僕○第70回

名前
くろ&橙
身長
現在の橙くらい&現在の藍様より小さめ
おっぱい
ミニ&並
種族
猫(式神)&化猫(式神)
肩書
裏通りの黒い猫&凶兆の黒猫
住居
マヨヒガとかそのへんとか
体毛は全身黒&橙はセミロングになってる、と嬉しい
薄い緑色&橙はそのまま
服装
実体は猫なので通常時は首輪のみ、人型時は白黒ワンピース
&橙は藍に何度も仕立て直してもらった服
性格
基本的に猫、人にあまり懐かないが気づけばそばに寄ってくる
&橙は高校生くらい、反抗期や思春期を越えた頃の年上っぽく振舞いたい感じ
能力
妖力がある程度の能力&妖術が使える程度の能力
投稿者
六日

その他補足

橙は藍様のためにたくさん修行をして、色々あってすくすく育ちました。
ある日、人里で捨てられた仔猫を見つけて拾ってきました。
藍様は「貴方はまだ育てられないわ、返してきなさい」と言います。
紫様に相談すると「式にでもして、藍を見返したらどうかしら」と答えました。
そんなこんなで新しい家族が増えました。


橙の未熟な式神技術で式のつけられた黒猫、くろ。
父親が化猫の類で生まれつき妖力のある不吉な黒猫、だがまだまだ子供。
感情の赴くままにエサを取るためや縄張り争いのために能力を使う。
しかし何やらおっかない鬼神を憑けてしまったようで危ない。
そのため強力な能力を使うとセーフティが働いて式が自動で剥がれるようになっている。


橙はペットなのか妹なのかわからないが大事な家族として扱っている。
くろは感謝はしているがあくまで寝食に対する恩義、深く考える知性は無い。
藍様は手のかかる子供が増えたようだと軽く苦笑い。
一方、すべての元凶のゆかりんは何か楽しそうだった。


「いくよ、1+1=?」「にゃー」
「聞きましたか藍様!」「うん、橙はその歳で式が打てるなんてすごいわね」「にゃー」
「もうすぐ私も一人前になって藍様のお手伝いをします!」「嬉しいわねー」「にゃー」
「まずいわね、私ひいお婆ちゃんになるかも。 どうしよう、くろ?」「にゃーお」
「どう思う霊夢?」「とりあえずウチは動物園じゃなくて神社なんだけど」「にゃー」       「あたしゃここn」


暗黒「はいでぃんぐ・くろねこ」:暗いところにいる黒い猫は見つけづらい。
不吉「くろねこ・あんらっきー」:余所見をすると石につまずくかもしれない。
烏羽「くろねこ・ういんぐ」:ジェットスクランダーしてびゅーんと飛ぶ。
死黒「かんぜんなるやみ」:黒帝猫デッドブラックの妖気の爪は一噛みで頭を砕く!! 主に煮干の。

データ

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White