Top > っぽい第四弾_二面ボス_鳥羽

っぽい第四弾_二面ボス_鳥羽

Last-modified: 2009-08-03 (月) 22:35:13 (3637d)

基本データ

僕○第22回

投稿者
鳥羽

中ボス

名前
無し
身長
58cm
種族
夜烏
能力
怪火を放つ程度の能力

その他補足

・劫(ごう)を経た野生のアオサギ。どう見ても完全に鳥型です。本当にry
・イメージは花映塚の活性前の幽霊
・スペカ一枚
怪火「五位の光」
5WAYのへにょりレーザー。
カットインなし

ボス

名前
川島 蒼依(かわしま あおい)
身長
153cm
おっぱい
ふっくら。
種族
獺(かわうそ)
肩書
呑んだくれ釣りキチ
住居
妖怪の山から流れる川のどこか
・こげ茶のショート。軽くうなじにかかる。
・こめかみから目尻辺りにかけての部分は灰色のメッシュ入り。
・小さく丸いケモ耳。
ツリ目、というかツリ眉。瞳は赤みがかった黒。
服装
・ぼろぼろの大笠。笠としての機能はあまりない。
・裾がぼろぼろの浴衣。帯と襟が灰色、それ以外土草色。特に模様や柄は入っていない。
・腰には酒が入った徳利。内容量三合。
・黒い足袋ハイソックスに雪駄。
・右手に桶。キスメではなくヤマメとかイワナが入っている。
・髪と同じ色の尻尾がある。
性格
・余裕ぶっているが内心では結構いっぱいいっぱい。
・どこか抜けている。詰めが甘い。
能力
魚と人間を釣る程度の能力

その他補足

○基本設定
川辺をぶらぶらしている獺の妖怪。獺は狸や狐などと同じく人間を化かす。
彼女も当然に人間を化かすが、よく化かされる人とほとんど化かされない人で両極端である。
その差は彼女の嗜好によるものであり、気に入られればよく化かされる。
昼は川で釣りをしている。話しかけると快く釣った魚をくれるがそれは巧妙な罠だ。気をつけろ。
もらった魚が木の枝になっていたなんてことはよくあることだが、たまに間違ってに本物をくれることもある。
彼女に気に入られていれば本物をもらえる確率は高い。
夜は妖怪仲間と酒を呑み交わすのが日課であり、鬼ほどではないが酒には強いほうである。
酒宴の際は昼間に釣った魚を持ち込み、皆に振舞う。基本的に塩焼き。手の込んだものは作れない。
ミスティアの屋台の常連であり、大漁の時は食材の提供も行っている。


○スペカ
偽符「ご馳走だと思ったものは牛のshit!!だった」
米粒弾、楕円弾をばら撒く。主人公機狙いで当たり判定の小さい大玉を発射。
酒符「どこから来たと聞かれても川からとか答えてはいけない」
札弾をランダムに発射。赤点滅後に爆発、粒弾・小玉を放射。
水符「長く生きた獺は河童になるんだってさ」
隙間の広いポンデリングのシャワー。リングの中に入ることができる。

データ

第22回っぽい第四弾。僕の考えた界夏祭二ボスby鳥羽.jpg

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White