Top > キューブクライシスAYA

キューブクライシスAYA

Last-modified: 2009-09-16 (水) 21:09:33 (3714d)

基本データ

僕○第33回

ホビー
ルービックキューブ(と、その派生)
コミカライズ作品名
キューブクライシスAYA

主人公

名前
三条アヤ
身長
139cm
概要
高良市立富井小学校に通う五年生の女の子。
勉強はできないが、運動は得意。いつも明るいクラスの人気者。
キューブの才能があるが、まだまだ初心者。友の協力やライバルとの戦いでキュービングバトルの腕を磨いてゆく。
努力が実を結び日本代表にまでなるが世界大会の最中、ダークキュベリオン総統・バッドフェイルとの戦いに身を投じる。
本編から十数年後を描いたTVSPでは全世界を巡り、ダークキュベリオンの残党と戦いながらキューブの楽しさを子供たちに伝えている。
必殺技
必殺技はハイスピンマヌーバ。キューブをコマのように回転させ、高速でピースの移動を行う。
第1話「キューブウォーズの始まりだ!」から披露。
また空中ハイスピンマヌーバ、ハイスピンマヌーバ桜島バージョンなどのバリエーションがある。
第14話「特訓特訓特訓だ!」にて更に強化されたトルネードスピンマヌーバを習得する。
なお、正体が父親であるバッドフェイルも似たような技を使う。劇中ではサイクロンマヌーバと呼称。
肩書
キューブバトラー一つ星→キューブエージェント→キューブクライシス
住居
両親はともに長期海外出張に出かけているため、叔父(ドクターQ)の家に住んでいる。
友達
・九森オサム
大きな丸めがねが特徴。気弱なハカセタイプ。アヤの従兄弟。ドクターの息子。
教育ママの母親に一流キューブエージェントになるためのエリート教育を受けたため
あらゆる解法とキューブの知識を持っているが、実技、とくにタイムアタックになるとパッとしない。
しかし、第9話「キューブ墓場」にて全面が同色というゴーストキューブを解いてみせるなど、驚異的な才能も持っている。
その後は大して目立つ活躍はなかったが第25話「バッドフェイルの最期 お帰り父さん」の冒頭にて
目隠しキュービングで参謀ホワイトミラーを破り、彩のピンチを救った。
リースのことが好きだが言い出せない。
TVSPでは玩具会社を立ち上げ、独自のパズルゲームの開発などをしている。
・リース=ハンドレッド
第3話「ブロンドの挑戦者」にて登場したスピードキュービングのアメリカチャンピオン。
長い金髪が特徴であり自慢でもある。1/4日本人の血が入っているクォーター。
実家が大金持ちで本人も高飛車な性格で周囲を見下すような言動が多いため反発を買いやすい。
彼女がキューブをはじめたのは大好きな兄の影響。その兄は現在行方不明。
キューブを続けていればいつか兄に会えると思い、続けてきた結果が現在の腕前である。
キュービングバトルにおいては応用力が極めて高く、本編で初めてアヤに勝った人物でもある。
その後もアヤとは敵か味方か微妙なスタンスを取り続けたが、第18話「最強の刺客」にて
バッドフェイルに洗脳された姿で登場。アンチサイクロンという技を使い、トルネードスピンマヌーバを破る。
第22話「兄と妹」にてキャプテンクールの尽力で洗脳が解かれ、本格的にアヤたちの仲間に加わった。
TVSPではキュービングバトル世界チャンピオンとなったのち、デザイナーに転身、成功している。
・大和タイガ
第1話「キューブウォーズの始まりだ!」から登場。学校一の不良少年。
乱暴なキュービングが特徴。彼が壊したキューブは数知れず、いくつもの玩具屋から警戒されている。
しかしそれはより速いキュービングを求めるあまりの事で、アヤに敗北し諭されてからはそれを直し、仲間として戦っていく。
3*3に限ってはアヤよりも腕前は上で、特に目隠し(ステルス)での高速キュービングが得意。
実家はラーメン屋。アヤたちもよく来る。
TVSPでは実家を継いだが、店にたくさんのキューブを置いている。子供たちにキューブを大事にするよう諭す場面がある。
・キャプテンクール
全世界の少年少女たちの憧れである世界最強のキューブエージェント。アメリカンヒーローのようなマスクを被っている。
数年前に引退してからはどんなメディアにも出なくなり、その存在は伝説と化していた。
しかし第15話「クールの伝説」にて負傷した姿で登場。
ダークキュベリオンとの戦いに身を投じるために引退したこと、その戦いの中で左腕を負傷した事などが語られる。
負傷した左腕は細かい動きができないため、キュービングバトルでは片手プレイを余儀なくされる。
それでも第22話「兄と妹」では己の全てを出し切り5*5を片手でクリアしており、その実力は尋常ではない。
正体はリースの兄、クールだが、リースもそのことは知らなかった。
TVSPではドクターの研究所で助手として働きながら、キャプテンクールとしての活動も再開している様子。
博士
・ドクターQ
アヤの叔父でありオサムの父親。結局本名が明かされる事は無かった。おそらく婿養子。恐妻家。
丸めがねにチョビヒゲでのんびりした性格だが、歴戦のキューブエージェントでありキャプテンクールの師匠でもある。
現在は自分の研究所で妙な発明ばかりしている。
第8話「ミラクルタイムマシン」にて若かりし頃の実力が判明する。
TVSPでは「どこまでもドア」や「とおりゃんせフープ」などギリギリな発明をしようとしている。
キュービックマン
キュービングバトルの予感を感知しいつでもどこでも現れる謎の男。ダークキュベリオンとの戦いにも現れる。
夜でもサングラスをかけており正体は不明。マーク大多喜のようなノリでプレイヤー紹介、曲紹介、実況をこなす。
アヤ曰く、兄に声が似てる。なおキュービ"ン"グマンではなくキュービ"ッ"クマン。
TVSPではベトナムでアヤのバトルの実況をしている。
マスコット
Qベエ。紙細工。ミニコーナーでキュービックマンとともに豆知識を披露する。

物語展開

日常編1

第1話「キューブウォーズの始まりだ!」不良キュービングバトラー、タイガとの戦い。
第2話「段位認定」なかなかキューブが解けないアヤ。優等生君(仮)のイヤミに負けず特訓してこれを撃破する。
第3話「ブロンドの挑戦者」アメリカから転校生リースがやってきた。突然突きつけられる挑戦状。なんとか勝利。
第4話「真夏の海の物語」全国大会前に合宿を提案するアヤ。リースもムリヤリ誘ってドクター、タイガ、オサムたちと海へ行く。

全国大会編

第5話「全国大会 予選トーナメントの罠」並み居る全国の強豪と戦うなか、卑劣な策をしかけてくる千葉県代表をぼこぼこに。
第6話「嵐の決勝サバイバルマッチ!」アヤは結局全国三位に終わるも、世界大会にエントリーされる。リースは一位。

日常編2

第8話「ミラクルタイムマシン」ドクターが作ったタイムマシンから出てきたのは、子供の頃のドクターだった!で戦う。
第9話「キューブ墓場」キューブを満載したトラックについていったオサムは廃棄場に着き、一人の少女と出会う。彼女は捨てられたキューブの幽霊だった。

世界大会編

第10話「ルービック刑事24時」米国代表のジャック刑事はアヤとの戦いの中、指名手配犯を発見。キュービングバトルそっちのけで大捕り物。
第11話「海中キュービングバトル!」キリバス代表との戦いはアヤ初の海外試合。浮かれる一行だが、試合場は海の中に設置されていた。
第12話「コスモキューブの謎」ロシア代表との戦いの前に拉致されロケットに乗せられるアヤ。ソユーズでは真のロシア代表が待っていた。
第13話「最速対決ベアリングキューブ」前回チャンピオンのスイス代表はハンデマッチを提案してきた。しかしアヤはそれを断り対等な条件で戦う。
第14話「特訓特訓特訓だ!」スイス代表との戦いに敗北したアヤは更なる特訓を積み、新たな必殺技を身につける。
第15話「クールの伝説」※Aパートは前期総集編。予選リーグが終わった日、伝説のキューブエージェント・キャプテンクールが傷ついた姿で現れた。

ダークキュベリオン編

第16話「ダークキュベリオン」闇の世界では悪のキュービングバトラー達が世界制服をめざし暗躍している。アヤは世界大会出場をやめ、彼らを倒すことを決意する。
第17話「闇の総統バッドフェイル」ダークキュベリオンの総統バッドフェイルが現れアヤたちに警告を発する。しかしそれを跳ね除けるアヤだった。
第18話「最強の刺客」ダークキュベリオンを倒す旅の最中、一通の挑戦状が届く。指定された場所にいたのはリースだった。
第19話「Last message for you」激闘をくりひろげるリースとアヤ。その頃、世界大会の決勝トーナメントが始まろうとしていた。
第20話「浮上!キュベリオンキャッスル!」世界大会メイン会場が崩れ、巨大な城が出現する。それこそダークキュベリオンの本拠地キュベリオンキャッスルだ。
第21話「北へ」キュベリオンキャッスルに向かうアヤ一行。次々と現れる刺客たちの前に仲間が倒れていく。それを振り切りアヤは進むのだった。
第22話「兄と妹」キャプテンクールの正体はリースの兄、クールだった。クールは命をかけてリースの洗脳を解く。
第23話「バッドフェイルの正体」バッドフェイルとアヤの戦いが始まる。そんな中バッドフェイルがマスクを外した。その正体はアヤの父親だった。
第24話「父の願い 母の思い」負けたアヤは牢獄に放り込まれ、そこで母と再会し、父がダークキュベリオンを設立した理由を知り、決意を新たに立ち上がる。
第25話「バッドフェイルの最期 お帰り父さん」バッドフェイルを倒すと黒い塊のようなものが抜け、父は我を取り戻した。皆でそろって帰る。

日常編3

第26話「もうひとつの決勝戦」世界大会の決勝戦が終わった。出場しなかったアヤとリースは不戦敗だが、二人は地元で仲間が見守る中バトルを始める。
TVSP「それぞれの明日」主人公たちの成人後の姿を描いた特別編。

データ

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White