Top > クロエ・ダルク

クロエ・ダルク

Last-modified: 2010-01-31 (日) 20:11:29 (3402d)

基本データ

僕○第64回

名前
クロエ・ダルク (Chloe・Dalkku)
身長
163.5cm 54.8kg
おっぱい
Fカップ(トップ96.2 アンダー73.5)
種族
吸血鬼(魔法使い)。流水、日光がきかない。
肩書
フィッシュの末裔。月夜の狂気。物語の魔術師。
住居
魔法の森の奥地。ただし殆ど帰っていない。よく人間の里に近くを歩いている。
灰色ロング。
深い青色。
服装
普段は露出の高い服を好んで着る。正装は黒色の長袖ハーフコートと赤いロングスカート、左耳にイヤリング。下着はつけない派。
性格
異常。元人間でありながら人を食べることに躊躇いをおぼえず、自分の体をズタズタにされる事を喜び、相手の体をズタズタにして喜ぶ。しかし、それら全てが理性的行動に基づいている。
趣味嗜好について話したり、それを目撃しないかぎり他人には聡明な女性としか思われない。
能力
魔法を使う程度の能力。 物語の出来事を操る魔法を主に使う。例えばドラゴン退治の物語を使い、ドラゴンを呼び出したり、竜殺しの剣を出現させたり出来る。
ただし、世界干渉系の大技のため相当念入りな準備が必要で、魔力も大量に消費する。使用した後は最低1週間はまともに身動きを取ることができないほど。
そのため普段は解釈を利用して使用する。例えばドラゴンは巨大な炎、竜殺しの剣はドラゴンの硬い体を貫き致命傷を与える武器、と解釈して使用する。
物語の種類は問わず、映画や小説、漫画だけでなく、都市伝説やゲームだろうとなんでもありだが、“物語”でなければならず、ただの空想は扱えない。また、未完の物語も使用することが出来ない。

投稿者
ソンガ

その他補足

元・外の世界の大学生院。岡崎教授とは彼女が魔力の研究を始めた頃からの知り合い。
趣味は読書。文系で、大学時代は象徴学や物語の研究をしていた。


純粋な吸血鬼ではなく、元は魔法使い。
魔法を使い人間から、スラブ人の間に伝わる吸血鬼「クドラク」へと体を作り変える。
クドラクの伝承どおり、死ぬと更に強くなって蘇える。
そして「セイヨウサンザシの杭によって、蘇らずに完全に死亡するのは、人間の恐怖心から生まれたデマ」という解釈を行った事によって、事実上完全な不老不死である。


若い頃は神童と呼ばれていた。
ハイスクール時代、犯罪の歴史について調べた時に、偶然目に留まった「アルバート・フィッシュ」に心を奪われる。
その後どんどんと彼に傾倒していき、卒業時には既に体の中に何本もの針を埋め込んでいた。
またその頃には吸血嗜好や食人嗜好を発症していた。
吸血鬼へと体を変えたのも、人間の体ではどちらも行いづらいからである。
マゾヒストでありサディスト。戦うときは相手に一方的になぶられるか、相手を一方的になぶるような戦い方をする。
色情狂であり、夜になると道行く人を誰彼構わず襲う。男女関係なし。
ただし、満月の夜以外に人を襲ったりしない事に決めていて、それを絶対に遵守する。
満月の夜以外なら出会っても攻撃しても襲っても、基本的に襲われることはないし反撃もしてこない。

データ

イラストとか
第64回僕の考えた吸血鬼絵byソンガ.JPG
裸ワイシャツって電波を寝起きで受信したので。
 
第64回僕の考えた吸血鬼絵2byソンガ.JPG
吸血鬼には羽がないとって正論を受信したので。

SS:18歳以上である方でガチエロと駄文耐性ある方限定。
と言っても大佐さんとふとしさん両名の許可が下りたらUPですが。

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White