Top > ハッシー・B・六甲

ハッシー・B・六甲

Last-modified: 2009-07-05 (日) 11:24:43 (3605d)

基本データ

僕○第12回

名前
ハッシー・B・六甲(はっしー・びー・ろっこう)
身長
全長2メートル
おっぱい
NO DATA
種族
ハシビロコウの妖怪
肩書
鳥紳士
住居
不明
全身が灰色の羽毛で覆われている
つり目 瞳は黒色
服装
頭にシルクハットをかぶり、左目には片眼鏡をつけている
性格
おだやか、少々のことでは動じない
能力
時の流れに忘れ去られる程度の能力
投稿者
天人昴

その他補足

人語を喋るハシビロコウ(オス)の妖怪。大きさが2mある以外はまんまハシビロコウ。
朝日と共にどこからともなく飛んできて人里の民家の屋根に降り立つ。そして、夕日と共にどこかへと飛び去っていく。
気がつくと民家の屋根で立っていて、知らない間に場所を移動している。ごく稀に地面に降りてきてお店で食事などをする。
羽を手のように操り、優雅に食事をする。そして、シルクハットの中からお金を取り出して支払うと再び屋根の上へと戻っていく。
人里では、
・屋根から屋根に飛び移る姿をみると幸せになれる。
・彼の住処には大量の財宝が眠っていて、住処へと辿り着いた者には褒美として財宝を少し分けてもらえる。
・実は魔法で姿を変えられた王様。
等々、根も葉もない噂がいろいろある。


紳士語録
「やあ、お嬢さん。今日もお綺麗ですね」
「本日もお日柄がよく、いい一日になりそうですな」


人里の住人とも友好関係を築いている。意外にも子供に人気。

データ

僕の考えた鳥の妖怪by天人昴.jpg

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White