Top > バブルこぁ_鳥羽

バブルこぁ_鳥羽

Last-modified: 2009-11-25 (水) 15:32:35 (3462d)

基本データ

僕○第50回

名前
バブルこぁ
身長
テセラとトリアの中間ぐらい
おっぱい
わずか
肩書
魔界図書館期待の優等生問題児バイト。
種族
悪魔
住居
不定
小悪魔標準の赤。アリスぐらいのショート。
えんじ色のジト目。縦長瞳孔。
服装
限りなく白に近い水色のブラウス。裾はスカートの外。
ブラウスの上にぶどう色の三つボタンブレザー。各縁取りとリボンは赤。
ブレザー同様のスカート。プリーツなし。
黒ソックスに黒ローファー。
周囲に小さいバブルが三つ常駐。
性格
通常はポーカ−フェイスだが実は好奇心の塊。やらずに後悔するな、やって後悔しろ。
憧れの人とかに出会うとすぐ取り乱す。
ほとんどの人妖に対しては友好的で優しく従順。ただし、一度嫌った者に対しては皮肉屋で反抗的。
正々堂々とした戦闘を好み、謀略が大嫌い。
能力
泡と高分子を操る程度の能力
投稿者
鳥羽

その他補足

○基本設定
魔界の学生さん。トリアの後輩に相当する。
将来の夢は魔界図書館の一級司書。
常に風船ガムを噛んでいて人目をはばからず膨らます問題児。
でも噛み終わったガムはちゃんと紙に包んでゴミ箱に捨ててます。
学校では分子魔法学を専攻しており、特に高分子系が得意で成績も上位。
典型的な成績優秀素行不良娘である。勉強友達もやんちゃ友達も多い。
魔界図書館でバイトしながら学業に励む書架奨学生であり、封印指定図書捜索等の依頼を受けることもある。
この場合、学校側に申請すれば公休として処理されるが、長期の場合は休学扱いとなる。
依頼の達成評価は学校の成績に加味されることがある。というか書架奨学生は確実に成績に響く。
水、雷、火属性の魔法を使うことが出来る。合成魔法については勉強中。
重要性の低い封印指定図書を探しに幻想郷にやってきてこぁーず四姉妹+シャイニングと会う。
いったん封印指定図書を届けに魔界に戻るが居心地のよさが気に入ってちょくちょく幻想郷に遊びに来る。


○能力補足・詳細
彼女の生成するバブルはブランクバブルとマジックバブル、スーパーバブルに大分される。
ブランクバブルは攻撃力が無いかわりに頑丈で壊れにくい。大きいものは乗ったり中に入ることも可能。
マジックバブルは前述の三つの属性魔法を包括し攻撃等に使われる。あまり大きく生成することは出来ない。
スーパーバブルは補助アイテムみたいなもので、条件が揃わないと生成できない。現時点で次の二つが確認されている。
・対象者のガッツを上昇させる「EXTENDバブル」
・対象者が限定的に火属性の魔法を使用可能になる「MTJボール」
また、バブルではないがMTJボールと類似の効果を持つ魔法薬「ドラッグオブサンダー」を作れる。


○セリフとか
「……あれ?もしかして……トリア先輩ですか?」
「エナさんにシャイニングさんも!?こんな所で一等司書の方に会えるなんて夢みたいです!!」
「そうかこれは夢なんですね!!(頬っぺたをつねる)痛い!でも目が覚めない!!夢じゃない!!!」


「その本を使って悪い事を企んでいる輩がいるのですよ。もっとも重要度では零級と比べ物になりませんが」


「私はそういう事が大っっ嫌いなんです。速攻潰させてもらいますね」


○スペカ
水符「地の果ての海・水神の領域」
周囲に中玉を纏い高密度の水泡弾を発射する。水泡弾は破壊できるものと出来ないものがある。
泡沫「冥界へ続く河・審判の水」
中玉より少し大きめの水泡を生成する。攻撃を当てると小さく分裂していく。

データ

第50回僕の考えたバブルこぁby鳥羽.jpg

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White