Top > 操雀

操雀

Last-modified: 2009-07-05 (日) 11:23:54 (3605d)

基本データ

僕○第12回

名前
操雀(ソウジャク)
身長
130
おっぱい
小さい
種族
雀の妖怪
肩書
神に最も近い小さな妖怪
住居
幻想郷の各地を飛び回っている
人里近くによくいる
髪型・髪色
赤銅色のロングストレート
黒色の瞳
服装
赤銅色の着物
性格
明るくいつも笑顔
無欲な者を好み貪欲な者を嫌う
能力
天罰を与える程度の能力
彼女が悪と判断した者には其れ相応の罰が与えられる
この罰からは絶対に誰も逃れる事はできない
投稿者
三國氏

その他補足

[略歴]
空を飛ぶことすらできない弱小妖怪
妖怪らしさや力がなかったため妖怪の仲間は全くいないが人間とは親しい者がたくさんいた
彼女の容姿はその時代では縁起が良く人間達から敬われていた
その理由から親しい人間達に祭り上げられて神の座と絶大な力を得る
だがそれは彼らに頼まれて就いた地位
彼らが皆いなくなった時には彼女が神で居続ける必要はなくなった
地位も力も全て捨てて元の弱小妖怪に戻っても構わなかった
それだけでなくいっその事自分も死のうかと思った
しかしそれは親しい人間達から与えられた物を無駄にしてしまうのと同じ事
そうすると彼らとの繋がりが無くなってしまうのではないかと恐れた
そして彼女は元々自分では荷が重すぎた神の座は捨てたが力を捨てる事はしなかった
彼女は親しかった人間達との思い出と与えられた力と共に生きていく事を誓った




[現在]
幻想郷に移り住み色々なところを飛び回っている
絶大な力は幻想郷でも充分通用し弾幕戦ではトップクラスの実力を誇る
しかし争い事を好まない彼女は手加減をするので本気を出した事はない
それでも今のところ負けはない
人間との付き合いが長かったためよく人間と一緒にいる
親しかった人間達との思い出は今も色褪せていない

データ

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White