Top > っぽい第八弾_ラスボス_ヌー

っぽい第八弾_ラスボス_ヌー

Last-modified: 2009-08-22 (土) 09:27:20 (3768d)

基本データ

僕○第26回

投稿者
ヌー

中ボス無し
ボス前に大Pアイテムを落とす妖精2連続あり

ボス

名前
日宮 祭姫(ひのみや さいき)
身長
幻影164cm 本体140cm
おっぱい
60cm ツルッツルのペッタペタ
種族
仏さん
肩書
場違いな仏の少女
住居
神社祭殿
深緑色のショートヘア
赤い瞳のツリ眼 自分より強い相手以外は見るに値しないとして常時目は閉じている
服装
金色の尼僧の服で頭巾は被らない
性格
のらりくらりと真意を語らばい自由気ままな性格
能力
力を与え奪う程度の能力

その他補足

四界神社の自称神様
巫女や周りの妖怪たちの前では神様として振舞っているが実態は仏の少女
姿を見れば神様でないことは一目瞭然だが普段は幻影を使っているので本体を見た者はいない
元々は外の世界の一国の姫様だったが「こんな堅苦しい生活してられっかー!」と逃走
隣の国の寺に逃げ込み、尼僧になったがこれもまた飽きて逃走
山中をさまよっていた所を山賊に襲われ、逃げているうちに幻想郷に迷い込んだ
迷い込んだ先が既に寂れた四界神社で、とりあえずのねぐらとして使用することにした
誰も来ないし外にでれば妖怪は居るしで、食料調達も出来なかったため餓死した
しかし、尼として修行した経験があったため即身仏となり、仏として復活
その後神社で神様の真似事などを始めたら部下が増えたので調子に乗って神社の主として君臨した
神社の管理人として巫女は外から流れ着いた人間を拾って適当に育てている
あまり流れ着いてくる人間などは居ないため、自分の能力を使って生命力を与え続け、年を取らせぬようにしている
過去の巫女の中には見た目10代中身50代などのとんでもない者もいた
現在の巫女はまだ巫女になってからあまり月日が経っていないので見た目どおりの年齢である
戦闘経験は0 まったくのド素人ファイターである
弾幕を張るのは得意ではないが高火力な一撃や幻影を使っての小細工などは得意

データ

補足
っぽい第八弾_ラスボス_ヌー_補足

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White